読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代、ゼロからの再出発

30代既婚、どん底からの日々の記録

働き方改革へ実行計画(2017年3月29日)

政府は28日、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の導入を盛り込んだ実行計画をまとめた。

正社員による長時間労働など戦後雇用慣行の見直しに踏み込んだ内容となった。

政府は今年の国会に関連法の改正案を提出し、2019年度からの実現を目指すとのこと。

挙げられた改革の方向性は非正規の処遇改善、賃上げ、長時間労働の是正、転職・再就職支援、子育て介護と仕事の両立、女性・若者の活躍など。

 

制度の方向性はよいと思いますが、私としては『職の流動性が低いこと』が最大の課題と思っています。

これは、再就職のハードルが高い職業移動の問題もそうですが、職場内の世代格差が大きすぎてスキルの継承が進まず、ベテランから仕事が剥がれない、これも流動性が乏しいことの事例と思います。世代格差のクッションとなる仕組みづくり、これがなければ正規雇用・大会社であっても空中分解してしまうように懸念しています。

 

約一ヶ月ぶりの更新

ちまキング